English

散種するアートと知の連なり

rengoDMSは、『二十四の瞳』の著者壺井栄の出資によって起こりました。
吉田秀雄、吉田桂二、小宮山雅夫、戎居研造という若き四人の創設者のうち、戎居はまだ学生でした。
彼らの周りには中野重治、佐多稲子、宮本百合子、木下恵介などが集いました。
彼らとともに「フーリエの思想を論じ、
ベトナムや沖縄を語り明かした」といった先代の戎居も、いまはもういません。

アートと知は散種され、後代の者に受け継がれていきます。

rengoDMSでは、新たな時代の息吹や変化を捉えるべく、
大学の研究所や出版社などとのコラボレーションのもと、
知識人やアーティストたちを招いて、画期的な講座やセミナーを開催しております。

機縁の場をデザインするrengoDMSで、
新時代を導くアートや知の星座の光彩を、ともに学び、感じとって下さい。

Japanese

Creating learning encounters. That's also one kind of "Inviting Design"

rengoDMS's "Inviting" design concept is not only for homes and spaces.
We prepare spaces that bring together diverse individuals and chances for encounters; opening up a new world for people is an important part of our work.
From a collaboration with experts in cultural exchange and publishers, we present groundbreaking lectures and seminars and design an ideal place for learning encounters.

event